NEWS

ニュース

老舗百貨店髙島屋がClipLineとブランド強化の新たな一手を

プレスリリース

株式会社髙島屋(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:木本 茂、以下「髙島屋」)にて、当社が提供する「ClipLine」の導入が決定したことをお知らせ致します。

■髙島屋の課題
B to Cから近年はC to Cに拡大するなど、EC(電子商取引き)が一般化していく中、老舗百貨店の髙島屋は、リアル店舗の原点に立ち、「対面での買い物の楽しさ」「対面だからこその発見」をお客様に提供することを目標とし、お客様本位の接客を通じ「髙島屋ファン」を増やす取り組みを行っています。その為には店頭の販売員全員が正確な知識をつけることと、より接客レベルの高いお手本に全てのスタッフが触れることが出来る環境が必要でした。

■ClipLine導入の目的
導入の目的は更なるおもてなしの質の向上です。百貨店の強みである「接客」を強化することこそがリアルな店舗の存在意義だと考える髙島屋は、ClipLineを使い、基本知識や接客技術のノウハウ、ファッションの知識をクリップ化し、全国17店舗約500売り場の全販売員に「髙島屋の接客」を行渡らせる狙いです。

■ClipLineの導入で目指すこと
商品の販売ではなく、「お客様に接する」ことに重きを置くことで髙島屋ブランドのより一層の強化を図ります。ClipLineの利用は、全国の店舗で働く約5万人の販売員全てに接客技術のノウハウを浸透させ、「髙島屋全体」での接客レベル向上を目指します。行く行くは髙島屋の海外店舗へも日本のおもてなしを輸出することを視野にレベルの高い販売の技術をクリップとして配信していきます。


■ご担当者からのコメント
営業推進部 営業推進グループ 営業推進担当次長 武 久光様
販売員が忙しい売場を離れ、集合形式の研修を受講するのは難しくなっています。「YOU TUBE」などが一般化した現在、「ClipLine」の動画コンテンツは、「いつでも、どこでも、誰でも、わかりやすく」学べる場を提供することから非常に魅力的でした。映像製作カスタマイズ化、サポート体制も導入の決め手となりました。現在、動画の英語、中国語字幕を製作中で、弊社海外店舗へも配信、日本の「おもてなし」を海外店舗へも広げていきたいと考えています。

プレスリリースはこちらからご覧いただけます。

ニュース一覧に戻る