NEWS

ニュース

新技術顧問就任のお知らせ

プレスリリース

当社に、技術顧問が就任したことをお知らせいたします。

【就任の目的】
当社は動画での技術習得を目的としたクラウドOJTシステムとして2014年に「ClipLine」のサービスを開始しました。サービス開始から3年が経ち、これまでサービス業で可視化できていなかったOJTに関するトレーニングの過程やそれぞれの人に紐づくデータが蓄積されてきています。
AIの台頭が叫ばれる中、当社では、AIと人間の未来における役割分担や共存のあり方を考えていきたいという思いから機械学習/ディープラーニングを利用した情報システムの構築を目指してきました。そしてこの度、AIを活用した価値提供を行っていくことを目的とし技術顧問を迎え、開発に着手する運びとなりました。

【新技術顧問プロフィール】
浜中 雅俊
2003年 筑波大学大学院工学研究科電子・情報工学専攻博士課程修了.
2003-2007年 産業技術総合研究所において音楽情報処理の研究に従事.
その後,筑波大学,京都大学で講師,研究員を歴任.
2017年より理化学研究所 革新知能統合研究センターにおいて,AI全般、特に計算論的音楽理論、計算創薬、ドローン、オントロジーの研究に取り組む.博士(工学).
2004-2007年,2010-2014年 科学技術振興機構(JST)さきがけ研究員.国内外で受賞歴多数.

【浜中氏のコメント】
AI技術は,研究の段階からあらゆる業種・分野のビジネスへ普及していく段階に移ってきました.昨今注目されているディープラーニングは、大量のデータからその特徴を学習する手法ですが、学習にはデータの収集がかかせません。ClipLineでは、サービス開始以来、スタッフ教育、マネジメントや本部、店舗間のコミュニケーションなど、様々なデータを蓄積してきました。AI技術を用いてこれらのデータを援用していくことで、多店舗ビジネスのあらゆる側面の最適化を目指していきます。

映像リリースはこちら>>

ニュース一覧に戻る