ABOUT US

会社について

OFFICERS

役員

高橋 勇人

代表取締役

コンサルタントとして、ハンズオン型事業変革を得意とし、クライアント先にCOO、またはそれに準ずるポジションで入り、支援先からの絶大な信頼を受けて成果を出す。足元の成果に加え、支援期間中に人と仕組みを創り、残すことで継続的な業績改善を図る。外食をはじめとする多店舗展開業態の支援が得意。2013年に独立し、ClipLine株式会社(旧:株式会社ジェネックスソリューションズ)を設立。CEOとして経営をリードしながら、ClipLineに関わる営業および事業開発を統括。京都大学大学院理学研究科卒

主な書籍・寄稿
  • 田中 信行

    取締役

    COOとして事業オペレーション全般およびClipLineのプロダクト開発部門を統括。

  • 遠藤 倫生

    取締役

    ClipLineに関わる撮影・編集法とデバイスの研究開発を担当し、グラフィック部門を統括。

  • 金海 憲男

    取締役

    コンサルティング部門およびクライアントサポート部門を統括

  • 渡辺 雄介

    取締役

    CFOとして財務経理を中心に経営管理部門を統括。

  • 福家 靖成

    取締役

    CLOとして法務面全般を統括。

  • 田中 信行

    取締役

    アクセンチュア株式会社にて大手日系企業・外資系企業の基幹システム導入・運用支援およびBPR・BPOに従事。メディアマインドテクノロジーズ株式会社にてデジタル広告配信プラットフォーム MediaMindのセールスエンジニアリング、アカウントマネージメントに従事した後、2012年2月に独立。ITスタートアップに対して事業企画・実行支援を行う。2013年にClipLine株式会社(旧:株式会社ジェネックスソリューションズ)に参画。COOとして事業オペレーション全般およびClipLineのプロダクト開発部門を統括。カリフォルニア州立大学サンバナディーノ校 インフォメーションマネージメント卒。

  • 遠藤 倫生

    取締役

    Newsweek等が主催するコンペティション“A DAY”において世界のトップ1パーセントの写真家に選ばれ、写真・映像業として国内外に多くのネットワークを持つ。映像史と先端技術への知見が豊富で、自らクリエイターでありながら、クリエーターの手によらないユーザー主導の新しい映像産業の枠組み作りに取り組んでいる。2013年にClipLine株式会社(旧:株式会社ジェネックスソリューションズ)に参画。ClipLineに関わる撮影・編集法とデバイスの研究開発を担当し、グラフィック部門を統括。慶應義塾大学総合政策学部卒。

  • 金海 憲男

    取締役

    日本航空にて整備部門における予算策定/管理業務、エンジニア職等に従事後、株式会社ジェネックスパートナーズに参画。様々な業界において、代表の高橋とともにクライアントの内部に入り込むハンズオン型での支援においても業務改革、マーケティング、新商品開発等で多数の財務成果を創出。2016年にClipLine株式会社(旧:株式会社ジェネックスソリューションズ)に参画。ClipLineを活用したコンサルティング・CS部門を統括。大阪大学基礎工学研究科卒。

  • 渡辺 雄介

    取締役

    株式会社ミキハウス、イー・ギャランティ株式会社で経営企画業務に携わった後、伊藤忠キャピタル証券へ出向し、クレジットデリバティブ事業の立ち上げを担当。株式会社モブキャストで経営企画部長、管理部長を経て、2015年株式会社グッドパッチに参画し、管理部門を統括。管理部門の立ち上げ、財務経理、総務労務を機能させ、総額4億円の資金調達をリード。同年11月取締役就任。2017年にClipLine株式会社(旧:株式会社ジェネックスソリューションズ)に参画。CFOとして財務経理を中心に経営管理部門を統括。早稲田大学社会科学部卒。

  • 福家 靖成

    取締役

    アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士 / ニューヨーク州弁護士
    渉外弁護士として、国内外のクライアントのために、ベンチャー・キャピタル、M&A等の国際的な取引案件や一般企業法務を手掛けている。米国企業による国内IT系ベンチャー企業に対するベンチャー・キャピタル案件の豊富な経験を有する。2014年よりClipLine株式会社(旧:株式会社ジェネックスソリューションズ)に参画。CLOとして法務面全般を統括。東京大学法学部卒。

SUPPORTER

支援者紹介

  • 藤川 佳則

    一橋大学大学院国際企業戦略研究科 准教授(Ph.D.)
    MBA Program, Academic Affairs担当

    一橋大学経済学部卒業。同大学院商学研究科修士。ハーバード・ビジネススクールMBA(経営学修士)、ペンシルバニア州立大学Ph.D.(経営学博士)。ハーバード・ビジネススクール研究助手、ペンシルバニア州立大学講師、オルソン・ザルトマン・アソシエイツ(コンサルティング)、一橋大学大学院国際企業戦略研究科 専任講師を経て現職。専門はマーケティング、サービス・マネジメント、消費者行動論。

    当社へのコメント 「ClipLine」は、経営現場で生まれる様々な知見をあぶりだし、そのダイナミックな共有を促進する。デジタル時代の知識創造の未来、日本型サービスの世界展開の可能性など、経営学の最前線に示唆を与える興味深い活用事例の数々あり、大変注目しています。

  • 赤浦 徹

    Incubate Fund General Partner

    ジャフコにて8年半投資部門に在籍し前線での投資育成業務に従事。1999年にベンチャーキャピタル事業を独立開業。以来11本総額275億円のベンチャーキャピタルファンドを立ち上げ、一貫して創業期に特化した投資育成事業を行う。2010年インキュベイトファンド設立、代表パートナー就任。2013年7月より一般社団法人 日本ベンチャーキャピタル協会理事。2015年7月より同協会常務理事。東海大学工学部卒。

    当社へのコメント 我が国のサービス業はGDPベースでも従業員数ベースでも7割以上を占めるまさに基幹産業であり、経済成長を支える上でサービス業の生産性向上・高付加価値化は極めて重要な課題です。しかし、事業規模の拡大にともない多店舗化や従業員の多様化が進む中で、現場のマネジメントは複雑さを増し、サービス品質向上の大きな障壁となっています。ClipLineはこうした問題意識のもと、テクノロジーを活用してサービス業のマネジメントに革新を起こして参ります。経営コンサルタントとしてサービス業の現場を渡り歩いてきた経営陣だからこそ、リアルな現場視点に基づいた付加価値の高いソリューションをご提供できると確信しております。